豊胸手術を行うと乳がんや疾患にかかりやすくなるの?

豊胸手術を受けたいと思っている女性には悩みや心配がいくつもあります。
その中の1つに乳がんにかかるリスクは頭をよぎる一つでしょう。
一昔前に豊胸手術を受けた女性は乳がんの発生率が通常よりも僅かながら高い調査データがあるようです。
その為豊胸手術に及び腰になっている女性も少なくないのかもしれません。

 

しかし近年では医学も進歩して豊胸手術を受けた女性でも乳がんや心臓病などで死亡するリスクはほとんどないそうです。
手術技術の進歩もありリスクの少ない豊胸手術が行われレベルの高い豊胸バッグが使われるようになったのが現状の様子です。

 

実際、乳がんと豊胸手術の因果関係はないと言われていますから、もし乳がんになったら・・・ということで悩んでいても基本は安心してよいでしょう。

 

 

注意点としては豊胸手術を受けている女性は、乳がん検診の際にその旨を報告しなければなりません。
超音波エコーに豊胸バッグが写ることもあります。
そのため豊胸手術を受けた人は乳がん検診を避ける傾向があり、がんの早期発見が遅れ乳がん発生率をあげているという可能性は捨て切れません。

 

豊胸手術を受けている人もいない人も、大勢の女性が乳がん検診を当たり前に受けていたら、豊胸手術の女性ばかりが取り上げられることはないでしょう。
豊胸手術を受ける人ががん検診をしない理由がここにあります。
ですので羞恥心は捨てて検診を受けることです。

 

このような背景を経て、豊胸手術を行ったクリニックでは定期健診で乳がん検診も一緒に行っているところが増えてきているようです。
健康的にバストアップするためにも、アフターケアやメンテナンスのためにも、豊胸手術を選んだあなたは積極的に乳がん検診に通うべきでしょう。
もしがんが見つかったのなら早期発見早期治療で治すことができますし、乳房を失わずに済みますか、検査を受けることに臆病になってはいけません。

 

豊胸手術を受けた人が乳がんになりやすい・疾患にかかりやすい・というのはデマでは言いませんが、検査をしない人が多いのは事実のようです。この理由から乳がんや疾患発生にかかわる噂があるようです。