授乳・搾乳には豊胸手術は影響する?

女性のバストは、身体学的には赤ちゃんに母乳を飲ませる役割を持っているのはご存じでしょう。
美意識や見た目に関係なく、身体的な機能として授乳のためにあるのです。
そこにはバストの大きさは正直関係ありません。
しかし昨今の美に関する一般常識として貧乳を解消しようと豊胸するという選択肢が生まれています。
胸が大きくしたい希望で豊胸手術を受けた後に出産をした場合、授乳や搾乳にどう影響が生まれるのでしょうか?

 

 

色々な豊胸手術法がありますが、母乳に関しては豊胸バッグの場合、覚えておきたい事があります。
豊胸バッグが乳腺を傷つけていなければ問題なく母乳を与えることができます。
豊胸手術ではどの方法をとっても乳腺を傷つけることはしませんから、基本的には安心して良いでしょう。

 

大胸筋の下に豊胸バッグを挿入する手術であっても、乳腺と豊胸バッグが直接接触することがありませんから、安心して豊胸手術を受けられます。
妊娠前に豊胸手術をして、妊娠が分かったから豊胸バッグを除去したいという女性はそれはそれで良いでしょう。
そしてやっぱり胸は大きいままが良いと思う女性はそのままでも問題はないようです。
基本的に搾乳や授乳には影響がないという声がほとんどですので、安心して豊胸手術を受けられます。

 

 

また授乳中は誰でもおっぱいは張ります。
豊胸バッグを入れている分、バストは余分に張ることになりますが、特別大きな問題になることはない事が多いです。
その後、バストは母乳をあげる役割を終えて元の大きさに戻りますが、通常の女性なら胸が小さくなったりしわになったりしますが豊胸バッグを入れている人はバストの張りを保つことができます。

 

注意点としては妊娠中、授乳中は乳腺が発達するので完全に授乳が終わるまでは豊胸バッグの除去、入れ替えはできないです。
当たり前のことですが、母乳を与えている限り乳腺は発達して母乳を乳首まで運んでいる状態なので、普段とは違う状態にあります。
その状態で手術はNGです。

 

安心したいのは授乳、搾乳、どちらも基本的には豊胸手術をしていても可能という点です。
影響が全くないかと言えば、少し胸が余分に張るくらいはあるかもしれません。
しかし母乳にシリコンがまじるとか、ヒアルロン酸がまじるとか、そのようなことは起こりえないことです。
これからママになる人も、安心して母乳育児をすることができます。