シリコンバッグの主な手順と内容について

豊胸シリコンパック法は、バストを豊かにするため、乳房下にシリコンパックを注入する方法です。
小さな胸を大きくしたい女性やハリ感を出したい人、左右の胸の大きさの差をなくしたい人にオススメの手術方式です。

 

手術内容は以下の通りです。

 

まず、両脇を数センチ切開します。
そしてインプラント(シリコンパック)を注入します。
基本的な切開部分はワキの下となっていますが、希望によってはアンダーバストや乳輪周りからシリコンを入れることもできるようです。

 

 

また最近のシリコンパックはマイクロチップ入りのパックなど、最新のパックが開発されています。
米粒ほどの大きさのチップに手術、クリニック情報が記録され、術後に体外からその情報を得ることが可能の様子です。
そのため入れ替えの際や除去の際、最適な方法を確認することが可能となっています。

 

またパック特有のぽっこり感が仰向けに寝た際になく、自然に流れる形になるシリコンパックも開発されています。
より柔らかく最新式のシリコンジェルも使われています。
ソフトな触感を再現し、体内で涙の形になるため、自然に胸が流れやすいパックもありますから、いかにもシリコンを入れましたという豊胸手術にならずに済むクリニックもあるようですね。

 

身長や体重、体型などによって理想の胸の形をドクターと共に話し合い、決めていくため出来上がりが不自然にならないのが最近のシリコンパックの手術の特徴です。

 

脂肪注入ができない痩せ型の女性なら、シリコンパック手術は適切でしょう。
また2カップ以上の大きな胸を実現したい人にも向いています。
すでにパックを入れていて、さらにバストアップもしたいという人もシリコンパックを扱っているクリニックでは対応しているところもあります。

 

異物を入れたことにより体が拒絶反応を起こす可能性もありますが、それはシリコンパックの周りに囲うように起こる薄い膜です。
通常は自然とその膜はなくなりますが、なくならない場合は薬によってなくすことが可能となっているので安心しましょう。
最近のシリコンパックは進化していますから、そのような膜が形成されるのは1%程度らしいです。